LINE@の仕事はリアルタイムで

行うことが望ましいです。

なぜならLINEはチャットツールという世の認識だからです。

今日LINEの運営サイドから楽天とLINEのSNS運営応援ツールと思える”R-SNS”というサービスのお知らせがやってきました。

やはり東京あたりはマーケティングやSNS運営に対する意識が違いますね。

説明をよく読んでみると楽天の出店者様がFacebookやinstagramやTwitterなどで自店のプロモーションをしやすくするためだと記載してありましたが、

LINEだから結構迅速に対応しなきゃいけなくなるのではないか?それってWEBサイトの運営の意識が少しでも低いと逆効果なのではないだろうか?

とか思っちゃったりします。

やはりサイト運営はリアルタイム性を持たせるための頻繁な更新頻度は基礎基本です。

これをきっかけにWEB運営の理解が深まると嬉しいです( ^∀^)

1月25日に沖縄で打ち合わせ予定が関東の大雪でクライアントさんが来れなくなったので首里城に行ってきました。

これは久慶門です。

美しい。

関連記事

  1. 過去の良い例と投資&未来フェスイベントの事務局長になりました

  2. 10/15に未来フェスイベントである”おおはしフリマ”が行われました

  3. 適切なホームページ運用できてますか?

  4. テキスト入力の進化があれば世界は”IoT”一色になる!はず。

  5. 内野商店のホームページへようこそ!

  6. 現場の意思を尊重することは口で言っても難しい

  7. グラフィックデザインと情報伝達は両輪の関係です

  8. 誰でも参加できる。誰でも利用できる。それが理想。そんな日曜日。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP