私たちのやっている仕事は10年後は存在していると思いますか?

訪問先でこんなことを聞かれたことがある。

私が会社員として働いている時、10年後は自分のやっている仕事はないかもしれないと思っていた。

現在はどうかというと、10年後は今よりも繁栄している。と言える。

なぜならこれから自分の仕事をやっていく上で質問者と共に結果を出していく自信があるからだ。

自信の起源は独立して仕事をしてきたからといえば聞こえがいい。

だが、これが会社組織になると言い方が変わってくる。

会社組織には職位というものがあり、権力を持った人が全てを決めていくからだ。

もともと会社の権力というのは、その権力維持のために会社の名を借りて行う私的行為に他ならない。

その私的行為は第三者から見れば手柄に対する熱心な求望者で、こういった人間は第一線に立ちたがり、またそういった機会がないとこれをわざわざ作り上げるようにしか見えないものも多数いる。

私は私が行ってきた私的行為に自信がある。

よくいえば私と関わってきた会社をよくしてきた経験がある。

権力者がわざわざ機会を作り上げて権力維持を熱心に行うものならば将来はないが、

それぞれが会社が用意した畑を自ら耕して食えるようになるところに将来がある。

これがわかっていないとスタッフの労働力を必要以上に仰いだり、様々な飢餓にあぶられつつ会社を考えるようになっていることがわからない人になってしまう。

私は質問に対して上記のような説明を一通りした後に

10年後は大繁栄していると思いますよ!と伝えた。

私のような回答をしている人が少ないのだろう。最初は驚いていたが、次第に私の話に対して熱心に耳を傾けてくれるようになった。

質問者も私もそうだが社会人は皆不安を感じて、うまくいかないと思いながら生きている。

組織として何かうまくいかなくなった時に責任を探すことはとっても簡単なことだし、そういう傾向に陥りやすくなるものだ。

だが一番大事なのはうまくいかない責任を誰かのせいにすることではなくてどうやって問題をより具体的に解決していくかにあるはずだ。

解決し続ければ衰退していくことは絶対にない。

私は私が関わっているクライアントには自信を持って

私が関わっている限り10年後も繁栄している!

と言える。

はずだ(笑)

関連記事

  1. 最近のインスタまとめ”FIT燃費すげえ”と”大日ヶ岳”

  2. 未来フェスミーティング

  3. 例えがわかりにくい

  4. 読書に思う

  5. 知ってもらう。注目してもらう。それも進化。

  6. 誰でも参加できるインターネット

  7. いろんな広告の形

  8. 嘘をつかなくていい環境から生まれる本音

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

アーカイブ

PAGE TOP